Long-term and Slowly Investment

~~簡素でスローな生活を目指して、海外ETF+による”株式投資の未来+”運用実践中~~
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年12月
ARCHIVE ≫ 2006年12月
      

≪ 前月 |  2006年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

バリューな消費(その1)

キヤノン:PowerShot G7買っちゃいました、ついに。1000万画素写真を体験しました。きれいですね・・・。いやどうしても年末年始は物欲の血が騒いでしまいます。普段バリューな消費を心がけているのですが、何故か年末年始は衝動買的行動を起こしてしまいます。皆様はどうでしょうか???
まあいいか・・・・。

旧デジカメは2002年10月購入、オリンパスCAMEDIAの320万画素のコンパクトカメラでした。光学10倍ズーム付で特段使用には問題ありませんでした。がしかし、年末年始は物欲の罠に嵌ってしまいました。品薄PowerShot G7ですが、キタムラ某店で1週間でゲットしました。2,3件回りましたが1ヶ月待ちが相場でした。下取り込みで47,800円でした。自分ではバリューな消費??!!であったと思っています。

スポンサーサイト

Contact

ご意見・ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ。


名 前:


メール:


件 名:


本文:





About

ようこそ、Long-term and Slowly Investmentへ(旧名:SINCE1962・・・)

このサイトは100%個人備忘記録ページの集合体です。
サイト名のまま1962年生れのサラリーマン"atok440"が管理人です。
資産運用ときどき、そのとき感じたことでブログを続けています。ETF・投資信託中心にアセットアロケーションを組んでいます。
最近は生活身辺を更にシンプル&スローにしたいと思っています。年ですかね^^
気長に生きましょう!

管理人プロフィール(2015/2/10現在)

管理人名前 atok440
パソコン環境 パソコン2台所有。自作デスクトップPC・Thinkpad T42(わたし専用サブ機)。
利用証券会社 主にSBI証券。
本業 日本国に逆ストック型ビジネスをされる仕事です。
住まい 太古の里。
家族 二男二女の4人家族。
好きな言葉 はじめの一歩 継続は力です シングルタスク

投資歴
2003年4月から本格的に資産運用を始めました。それまでは資産運用という概念すら知りませんでした。それまでも定期預金や社内預金、一時払い養老保険などで運用していた?といえばしていたのかもしれません。
本格投資の切欠は特にあまり深く考えて入った記憶はないですが、世の中の預金金利が異常に低くなった事で不労所得が激減した事でしょうか。

現在の投資資産
基本的には、海外ETF、投資信託を中心としたアセットアロケーションです。日本株の割安成長株にも少し投資しています。こちらの方はファンダメンタル分析を重視し、売買を少なくした手間のかからないようにいきたいと思います。
いろいろ試行錯誤しながら、リスク分散を考えたインデックスに負けないパフォーマンスではなく、絶対的プラスリターンを得ることが当面の目標です。イトむつかし~~~。
最近は、一般人はインデックス投資が合理的だとつくづく思っています。こちらも年だからですかね^^。

趣味
マウンテンバイクでのポタリング散歩です。
週末気分転換に散歩&メタボ対策を兼ねて近くの自転車道を走っています。
私の住む町には、MTB走行に適した里山丘陵があり、若いときはクロスカントリーやダウンヒルも楽しみましたが、最近は丘陵に行くまでのロード走行中心で、また野山を走ってみたい気もするのですが、なかなか機会がありません。

今年桑年を向かえ、やたら花の美しさ、可憐さが気になり始めました。と言いましても花の名前はあまり知らないのが残念です。最近、携帯電話を新調しました。このカメラを利用していろんな花、風景を撮っていくことも趣味のひとつにしたいと思います。そして花の名前も少しずつ覚えていきたいものです。

昨年2010年9月より、弟が少年野球を始め、そのチームのコーチとして休日は大忙しになりました。人生何が起こるかわかりませんね。このことを切欠に多少私の人生は変化したと思います。良くも悪くも、子供は人生の変化の根源ですよ~・・・。

日本の地方都市の片隅でほそぼそと暮らしているしがないおっさんリーマンですが、生きていた証としてささやかな文章を残していければと思います。
よろしくお願いいたします。

ネット株の心理学

ネット株の心理学(木幡 績著)
行動ファイナンスのについて本ですが、筆者は”株式投資はマーケティングである”と言い切っています。

備忘記録
またデイトレードこそが、もっともリスクの少ない投資法だと述べられています。従来この手の本とは趣向が違い興味深く読めました。かつて私も短期売買中心でやっていた時に感じていた事です。デイトレードは、翌日にポジションを持ち越さない、損失を最小限に抑える事が出来ますね。必然と損切りをしなければなりません。含み損を抱える事はありえないのです。但し、規律と相場に対する心構えをシッカリしないとすぐに破産してしまう手法でもあります。でも、行動ファイナンスのある部分の的を得た手法でもありますね。

筆者の新投資理論を備忘記録的にまとめておきます。

基本
○株式投資はマーケティングである

概論
○出口戦略を考える
    ↓
○売る相手を考える
    ↓
○マーケティングマネージメント

株式投資における意思決定過程
1.目標設定
2.ターゲットの設定
3.投資対象の選定
4.売却時期の設定
5.目標売却価格の設定
6.対象銘柄の人気度の把握
7.シナリオの確認
8.コンセプトの再構築
9.投資価格、タイミングの設定
10.投資実行とクロージング

       以上、ネット株の心理学(木幡績)より。

臆病者のための株入門

臆病者のための株入門(橘 玲著)
橘玲さんの本を初めて読みました。前から気になっていた作家さんでしたが、あまり読む機会がなく、この本が最初になりました。入門となっていますが内容はかなり深いものがあると思います。

備忘記録
株式の価値は、その会社が将来にわたって生み出すすべての利益を現在価値に換算したものである。
現在価値は、割引率が高いほど安くなり、割引率が低いほど高くなる。
債券は金利を予想するゲーム。
株式投資は将来の一株利益を予想するゲーム。
株式の理論価格=一株利益/割引率。

トーシロ投資法
1.トレ-ディング(デイトレを含む)・・・市場の歪みから富を生み出す手法→ゼロサムゲーム
2.インデックスファンド(経済学的にもっとも正しい投資法)長期的市場の拡大から富を創造する手法・・・文字どうり市場平均のみの富。
3.個別株の長期投資(バフェット流投資法)・・・市場の歪みを利用し、かつ長期的市場の拡大をも利用して、より多くの富を生み出そうとする手法

株式市場で富を生み出す手法は上記三つであると述べられある。
しかし、臆病者(一般人)はインデックスファンドに投資すべきである(特に海外インデックスファンド)と締めくくっている。

つまり一般人はやることがたくさんあるので、投資にあまり時間を割くべきではないとも述べられています。
ここに自分のこれからの資産運用のやり方のひとつの答えがある様な気がしてきました。

資産運用についての私見

本当はサラリーマン収入だけで不安なく、それだけで生活が満たされるのであれば資産を運用する事なんか考えなかったと思います。私が大学を出て就職したころ(1985年)はまだ日本は終身雇用の時代で(懐かしい!!)バブル経済が芽生え始めていた時期でした。人口問題も少子化が進みはしていましたが、今ほど少子高齢化になるような雰囲気ではありませんでした。預金も社内預金などという制度もあり、長期金利も5%以上あったように記憶しています。銀行の普通預金ですら2%位ありました。

しかし今はどうでしょう!!!。過去の政治家の悪政のおかげで、ほとんどの国民は国の借金を何十年にも渡って払い続けなければならなくなっています。それに輪をかけて少子高齢化が加速度的に進みつつあります。未来を考えてたら不安だらけの国になっています。そんな状況下で食べていかなければならない。とほほ・・・・。

私の当初の資産運用は単なる有利な利殖目的でした。でも今はファイナンシャルフリーを達成し、最終的には目に見えて社会貢献できる事を自由にしたいと思っています。(いつになることやら・・・)

12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31