Long-term and Slowly Investment

~~簡素でスローな生活を目指して、海外ETF+による”株式投資の未来+”運用実践中~~
TOPスポンサー広告 ≫ 米国株の魅力TOPHuteiki Diary ≫ 米国株の魅力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

米国株の魅力

金融資本主義大国である米国の企業群はやはりすごい会社が多いと今更ながら痛感しています。
外国株は基本的に投資信託やETFを通して買い付けていますが、そのパッケージされた木を調べることはありませんでした。あまり嵌り過ぎるととんでもないことになりそうなので、簡単な指標だけ調べています。一番のキーポイントが配当の成長率です。シーゲル教授のいう高配当戦略の源流の部分を簡単に調査しています。ただ単に配当が良い、高いと言うだけではだめなんですね。企業経営者しいては企業のDNAみたいなものもこの配当政策でわかってくるものがあると思います。高配当=株主重視という単純な方程式ではなく、企業・社会・投資家が三位一体で幸福になっていくことを理念として営み続けている、そんな企業群が米国には”多い”ような気がします。
どんな世界にも表と裏があると思いますが、アメリカという国は懐が本当に深いことを企業群からも知ることが出来ますね。個別銘柄は記しませんが(皆さんよくご存知だと思いますし・・・)、米国株の個別銘柄に投資したくなってきました。調べていて逆にショックなのは、日本にはそう思わせる企業群が少ないと感じたことです・・・。
ギリシャ総選挙前に少し吠えてみました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30