Long-term and Slowly Investment

~~簡素でスローな生活を目指して、海外ETF+による”株式投資の未来+”運用実践中~~
TOPスポンサー広告 ≫ さようならWINDOWS-XPTOPHuteiki Diary ≫ さようならWINDOWS-XP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

さようならWINDOWS-XP

4月9日にXPのマイクロソフトによるサポートが終了します。
先日メインで使用しているパソコンのOSをWINDOWS7にバージョンアップいたしました。

メインで使用しているパソコンは旧世代のTHINKPAD-T42です。スペック的に使用可能か心配をしていました。32ビット版WIN7をインストールし、画面設定なども旧WINDOWS仕様にしますと結構快適に使えそうです。さすがに最新スペックのパソコンには劣りますが、耐えられる範囲なのでそのままT42を使い続けていこうと決めました。(なにせTHINKPADマニアなもので、ノートパソコンでこれ以上の機種に出会ったことはないです。でもさすがにWIN8はインストできないかもしれませんが・・・)
結構時間かかりましたが、とりあえずうまく移行できて良かったです。

今さらですが、IT機器関連の発達はものすごいスピードで進んでいます。確かに、より誰でも容易に扱いやすくなってきています。がそこには”危うさ”があるように思います。今回サポートが終了するXPが販売されたころは、まだ人がIT機器をうまく使っているような感覚がありましたが、今はどうでしょう?パソコンはもちろんですが、職場環境はあらゆる面でIT化されていっていませんか。また、IT化がますます高度がされ、頻繁にシステムが変更され覚えた知識がすぐに陳腐化され、私のような老輩はもちろん若者もその変化スピードについていけるのでしょうか。完全に人間が機械に使われる時代がきました。ジョージ・オーウェルの小説「1984」的世界が繰り広げられつつあると思うのは私だけでしょうか?支配者が誰であるかは不明ですが、いろんな意味での”危うさ”をひしひしと日々感じています。もしかしたら、誰かが作った未来社会仕組みのシナリオどおりに時代が進んでいくかもしれません。
そんなことを思っていてもしょうがない事ですが、ますます便利になっていく???世の中である一方、生きにくくなっていると感じますっ~。

パソコン(個人的な機械)から、スマホに代表される全世界とつながるIT機器(ユビキタス社会)が主流となってきています。
今回のOSの移行で、マイクロソフトの意向でパソコンシステムの全てを置き換えなければならない矛盾をすごっく感じました。次WIN7のサポートが終了するとき(おそらく2020年)はもうウインドウズOSは使わないかもしれませんね。そのときは本当にGoogle?が全世界の情報を掌握してしまっているときかも。
人間はほとんど進化していないのにね。

IT進化についていけてないおじさんの独り言でした。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30