Long-term and Slowly Investment

~~簡素でスローな生活を目指して、海外ETF+による”株式投資の未来+”運用実践中~~
TOPスポンサー広告 ≫ ストック型ビジネスTOPHint ≫ ストック型ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

ストック型ビジネス

「ストック型」ビジネス(図1)とは、売上が積み重なる、貯まっていく、蓄積型のビジネスです。
一度お客様になっていただくと、毎月一定の収入が安定的に得られる仕組みです。保険ビジネスの場合は保険料ですが、例えば、家賃、月決めの駐車場代、さまざまな会費、塾の授業料、リース料、月決めのメンテナンス料、弁護士や税理士の顧問料などがそれに該当します。
000000159_Cyj5H_DCIq.gif
(図1)ストック型ビジネスの収益構造イメージ図

ストック型ビジネスに対して、短期的かつ流動的な収益構造を持つビジネスを「フロー型」ビジネス(図2)といいます。このフロー型ビジネスは短期的には大きな収益を上げることがありますが、毎月の収益が安定しないなど、不安定な側面も持っています。
000000160_BWcMIEHelw.gif
(図2)フロー型ビジネスの収益構造イメージ図

長期投資はストック型ビジネスモデルを持つ会社に投資するほうが、果実を得られる可能性が高いのではないでしょうか。
あくまでも可能性が高いだけで必ずそのようにならないところが難しいところですね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30