Long-term and Slowly Investment

~~簡素でスローな生活を目指して、海外ETF+による”株式投資の未来+”運用実践中~~
TOPスポンサー広告 ≫ 激動の1月終了!TOPHuteiki Diary ≫ 激動の1月終了!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

激動の1月終了!

年始のご挨拶もしていませんでした。大変遅れまして、今年もよろしくお願いいたします。
さて、ミスターマーケットは大荒れの一か月になりましたね。まるでリーマンショック時を彷彿とさせる雰囲気が世界中の全てのマーケットで起こっていました。(金だけは静かに動いていましたが・・・)

年々感じるのはほぼ全てのマーケットはプログラム売買で支配されているなと思います。ヘッジファンドごとに売買プログラㇺがシステマチックに相場を操作しています。複数のパターンのプログラムがあってどれを稼働させるかを決めるのがファンドマネジャーの仕事という感じですね。
かつていちかいにやりなんてやっていた時代が懐かしく思われます。でもこれは運用の世界だけでなく、普段の世界もITの力が自動的に動いてこの世の中を動かしていますよね。

人間がコンピューターに支配されている、人の感情が入る余地がどんどん少なくなっています。一つボタンを押せば、あとは自動的に物事を処理していってくれているのです。ロボット掃除機ルンバみたいなものです。何がスタンダードで何がスタンダードでないかなんで不明になってしました。その時々でうまくいったものが正解であるということなのですね。

話は飛びますが、人がスポーツを見て感動するのは上のようなこととは全く逆のプログラム稼働の入る余地がない?からかもしれませんね。根性がものをいう世界でもあり、非常に人間臭い分野であります。だから感動を生みやすいのでしょう。
ビジネスに感動を求める必要はないですが、効率を追求すると非人間的な静かな世界が広がりつつあるようです。

Long-term and Slowly Investmentを貫いていこうとしている私には、ミスターマーケットが不機嫌な時、絶好の買増しチャンスの到来と思い喜んでいます。(バリュートラップにかからないようにしないといけませんが・・・)
遅すぎますが、この年になりやっとアセットアロケーション&リバランスの重要性が解るようになってきました。今年はまだまだ波乱がある予感がしていますが、何とかの逆襲を期待して割安になったものを買増していきたいと思っています。

こちらも遅すぎますが、皆さんにとって今年が良い年であることを願います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30